ON THE ROAD
  • TOP
  • HOW TO
  • クルマのバッテリーが上がったときの原因と対処法について解説!
TOYO TIRES

クルマのバッテリーが上がったときの原因と対処法について解説!

バッテリーあがりの原因や種類は?エンジン車とEVとで対処は違う?
heart

クルマのトラブルで特に多いものといえば「バッテリー上がり」。JAFの調査によれば、2022年度のロードサービス出動理由で最も多かったのがバッテリー上がり(過放電バッテリー)で、全体の約4割を占めていました。

今回はエンジン車のバッテリー上がりの原因・対策について解説します。

クルマのバッテリー上がりとは

クルマのバッテリーが上がったときの原因と対処法について解説!

「バッテリー上がり」とは、何らかの理由でクルマのバッテリーの電力が不足している状態を指します。代表的な症状として「エンジンがかからない」ことが挙げられますが、それ以外にも「ライトや室内灯が点灯しない」「パワードアやパワーウインドーが作動しない」といったように、すべての電装品が動かなくなるのが特徴です。ただ単にエンジンが始動しないという場合であれば、ガス欠やほかの部品の故障などが疑われます。

クルマのバッテリーが上がる原因とは

バッテリーが上がるのには主に以下の2つの原因が考えられます。

バッテリーの放電(充電切れ)

最も多いのがバッテリーの放電(充電切れ)です。バッテリーの電力はクルマの走行によって充電されます。「ライトを消し忘れたまま駐車してバッテリーが上がってしまった!」というのはよく聞く話ですが、クルマを走らせていても油断は禁物です。近距離運転が多かったり、渋滞などで低速走行していたり、消費電力の大きい電装品を使用していたりといった状況では充電が追い付かなくなることもあります。

また、バッテリーはクルマを使用していないときでも常に放電しています。長期間クルマに乗らない場合も注意したいところです。

寿命によるバッテリーの劣化

バッテリーは消耗品です。使用しているうちに内部の極板が劣化して電気容量が低下し、充電されなくなる場合もあります。バッテリーの寿命は使用状況やメーカーにもよりますが、平均約2~3年といわれています。

製品のメーカー保証には「使用期間」と「走行距離」が設定されているので、交換時期の目安として確認しておきましょう。エンジンがかかりにくくなる、停車時にヘッドライトが暗くなるなどの異変はバッテリー劣化のサインかもしれませんよ。

クルマのバッテリーが上がったときの対処法

クルマのバッテリーが上がったときの原因と対処法について解説!

それでは実際にバッテリーが上がってしまったときはどうしたら良いのでしょうか。ここでは3つの対処法と注意点について見ていきましょう。

ブースターケーブルによるジャンピングスタート

家族や友人などのクルマが近くにあれば、「ジャンピングスタート」での復旧が可能です。ジャンピングスタートとは、ほかのクルマ(救援車)から一時的に電力を分けてもらうことで、バッテリーが上がったクルマのエンジンを始動させる方法です。

2台のクルマを接続するには「ブースターケーブル」と呼ばれる専用のコードが必要になるので、万が一に備えて車内に常備しておくと安心です。ブースターケーブルの詳しい使い方については、こちらの記事をご参照ください。

ジャンプスターターの使い方

また、モバイルバッテリーとしても使える外付けのバッテリー「ジャンプスターター」を持っていれば、自分で復旧することも可能です。容量や大きさなどは製品によって異なるので、愛車に合ったものを選びましょう。電圧の異なるものを選ぶと故障の原因となるのでご注意ください。ジャンプスターターの基本的な使用手順は以下の通りです。

  • クルマのボンネットを開ける。
  • ジャンプスターターにブースターケーブルを取り付ける。
  • ジャンプスターターの赤いケーブルをバッテリーのプラス(+)端子、黒いケーブルをマイナス(-)端子に接続し、電力を補充する。
  • 充電してエンジンがかかったら、ケーブルをつけたときとは逆の順番(マイナス端子→プラス端子)で外す。
  • エンジン始動後は、30分~1時間程度の充電走行をしてバッテリーを満充電にする。

ロードサービスを利用する

必要なものがなかったり、復旧方法に自信がなかったりする場合はロードサービスに救援を依頼するのも1つの方法です。加入している自動車保険によっては、ロードサービスが付帯している場合もあります。

例えばJAFでは、充電切れによるバッテリー上がりならジャンピングスタートを、劣化や寿命によるバッテリー上がりならバッテリー交換を行っています。なお、バッテリー交換の際の作業料は会員なら無料、未加入者は有料となっています(※ただし交換用新品バッテリーは有料。走行に支障がある場合に限り、ドライバーの用意したバッテリーも使用可能。廃バッテリーの処分は不可)。

加入状況や車種、作業場所などによってサービス内容が異なる場合もあるので、詳しい情報は各社にお問い合わせください。

やってはいけないこと

バッテリーが上がった際にやってはいけないことも覚えておきましょう。

まず1つは、エンジンを何度もかけようとすること。電力が不足している状態では、何度エンジンを再始動させようとしても、かえってバッテリーに負担をかけてしまいます。むしろ劣化が急激に進んでバッテリー交換が必要になる場合もあるので、無理にエンジンをかけようとするのは避けましょう。

そしてもう1つが、長時間の放置です。バッテリーは一度上がったら、そのまま放置しても充電されることはありません。良くなるどころか、自然放電でさらに電力が弱り、バッテリー交換が必要になる可能性もあります。バッテリー上がりに気づいたら、なるべく早めに対処することでダメージを最小限にとどめることができます。

クルマのバッテリー上がりの防止策

放電によるバッテリー上がりを防ぐには、定期的な長距離ドライブでの充電が有効です。近場の運転が多い方や運転頻度の低い方は、短時間でも効率的に充電できるバッテリーを選んだり、定期的にクルマ用バッテリー充電器で充電するのも手です。

また、バッテリーは経年以外にも、高温環境での使用や電装品の過度な使用、長期間の放電、バッテリー液不足なども劣化の原因となるのでご注意ください。

まとめ

クルマの電力供給を担うバッテリー。エンジン始動やライトはもちろん、アイドリング時のエアコン、カーナビ、オーディオなどさまざまな機能を支える存在であり、バッテリー上がりは厄介なトラブルです。定期的な点検・メンテナンスをお忘れなく!

pagetop