ON THE ROAD
TOYO TIRES

フロントガラスの“くもり”対策で、梅雨のドライブを快適に!

フロントガラスの“くもり”対策で、梅雨のドライブを快適に!
heart

湿度の高い梅雨どきは、クルマのガラスがくもりがち。特に運転中は、視界を妨げて思わぬ事故につながる危険性もあるため、すみやかに解消したいところです。今回は、フロントガラスやリアガラスのくもり(結露)対策のポイントについて解説します。

基本は「エアコン」「デフロスター」「デフォッガー」

フロントガラスの“くもり”対策で、梅雨のドライブを快適に!

基本的なくもり対策としては、車内に備え付けられている「デフロスター」と「デフォッガー」機能を使用します。

どちらもスイッチをONにするだけでくもりを除去できますが、より効率的に効果を発揮させたいなら、カーエアコンとの合わせ技がオススメ。まず初めにカーエアコンを風量最大・温度最高の状態で始動して、くもりの原因となる車内の湿気をしっかり取り除いてから、デフロスターとデフォッガーを使ってみましょう。通常よりも短時間でくもりを除去できるだけでなく、消費電力の大きいデフォッガーの負担を減らし、バッテリー使用量も抑えられます。

なお、デフロスターとデフォッガーはオートエアコンの場合、デフロスターをONにするだけで自動的に除湿機能が最大になります。マニュアルエアコンの場合は、風がフロントガラスに向くようにしましょう。

デフロスターの使い分け方法

くもりの最も大きな原因は、なんといっても「湿度」。デフロスターを使う際は、雨天時は「内気循環」モード、冬場は「外気導入」モードで動かすのもポイントです。なぜなら雨天時は内気、冬場は外気のほうが、それぞれ湿度が低い場合が多いからです。上手にモードを使い分けて、効果的にくもりを除去しましょう。

車内の湿度を上げ過ぎないコツ

また、くもってからの対処法だけでなく、くもりにくくする予防法も知っておくとより安心です。雨天時は車内の湿度が上がり過ぎないように、常に少し高めの温度設定でエアコンをつけておくと効果的です。さらに、普段からガラスを清潔に保ったり、ガラスに吹き付けるタイプの「くもり止めスプレー」を使ったりする方法も有効ですよ。

水族館や美術館、アジサイ鑑賞など、梅雨でも楽しめるスポットは全国に盛りだくさん。ぜひ今回ご紹介した対策を参考に、安全運転で雨の日ドライブに出かけてみてくださいね。

pagetop