ON THE ROAD
  • TOP
  • HOW TO
  • 冠水時に慌てないために!自動車は水深何cmまで走行できるかを知ろう!
TOYO TIRES

冠水時に慌てないために!自動車は水深何cmまで走行できるかを知ろう!

冠水時に慌てないために!自動車は水深何cmまで走行できるかを知ろう!
heart

台風による集中豪雨のときなど、冠水した道路を水しぶきを上げながら車が走って行くニュース映像がよく見られます。実際に冠水した道路を目の前にしたとき、このまま行くべきか引き返すべきか判断に迷ったことはないでしょうか。

今回は、冠水路を走った場合にどんなことが起こるのか、そして、冠水路を走行する際の注意点を紹介します。

水深何cmまで走行できる?

冠水時に慌てないために!自動車は水深何cmまで走行できるかを知ろう!

目の前の道が冠水しているのを見たとき、急いで渡れば、あるいはゆっくりと慎重に進めば走り抜けられるのでは…と思ってしまうかもしれません。しかし、思いのほか水深が深く、車内への浸水によって立ち往生してしまったり、車に深刻なダメージを与える可能性もあります。それでは水深何cmくらいならば車は走行できるかという目安はあるのでしょうか。

JAFが行ったユーザーテストでは、集中豪雨などでアンダーパスが冠水した場合を想定し(冠水部分の水平部の距離は30m)、車両が冠水路を走りきれるかを検証したところ、水深30cmではセダン、SUVタイプとも時速10km、時速30kmで走行が可能でした。

水深60cmの場合でも同様のテストを行った結果、セダンタイプはフロントガラスの下端まで水をかぶり、時速10kmでしばらく走ることはできましたが、途中でエンジンが止まってしまいました。SUVタイプは時速10kmでは走行可能だったものの、時速30kmでは走行できませんでした。

自動車はある程度の冠水や浸水に耐えられるよう設計されていますが、一般的には「乗用車であればドアの下端、つまりクルマの床面が浸からない程度」が走行可能な水深とされています。

このテストによれば、車種などによっても変わりますが、水深30cm以下であれば、ゆっくり走行すれば冠水した道路を走行できる可能性が高いことが分かりますが、「水深30cm」はあくまでも目安にとどめ、状況がわかりづらいアンダーパスや高低差のある道路などは侵入を控えましょう。

冠水道路に侵入して浸水したときはどうする?

冠水時に慌てないために!自動車は水深何cmまで走行できるかを知ろう!

冠水路は見た目では水深が分からないため、そのまま進んでしまうと深みにはまってしまう恐れがあります。その際に、エンジンの吸気口に水が入ったり、排気管が水圧でふさがれたりしてしまうと、エンジンが停止し、そのまま身動きが取れなくなってしまう可能性も。

特にゲリラ豪雨のときは短時間で水がたまることもあります。万が一、冠水し車内にまで浸水してしまった場合には、車を停めて、車外に出るためにドアが開くか確認します。必要なら窓を開けて避難経路を確保し、エンジンを切りましょう。

浸水・冠水した車は注意が必要!

冠水時に慌てないために!自動車は水深何cmまで走行できるかを知ろう!

水に浸ってしまった車は見た目には問題がなさそうに見えますが、車の内部は深刻なダメージを受けている可能性があります。

国土交通省のWEBサイトでは、浸水・冠水被害を受けた車両は感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがあるため、以下の対処を奨励しています。

  1. 自分でエンジンをかけない。
  2. 使用したい場合には、お買い求めの販売店もしくは、最寄りの整備工場にご相談下さい。特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないで下さい。
  3. なお、使用するまでの間、発火するおそれがありますので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外して下さい。

国土交通省「浸水・冠水被害を受けた車両のユーザーの方へ」

また、電気が通る海水による浸水・冠水の場合、電気系統のショートで火災が発生する恐れもあるので特に注意が必要です。

このように、一度水に浸かってしまった車は外から見ただけでは予想できないダメージを負っている場合も多く、感電や車両火災の危険もありますので自分でエンジンをかけずに車の販売店もしくは、最寄りの整備工場などに相談してください。

映画などのように水しぶきをあげて、冠水した道路を通り抜けられたらいいのですが、実際にはJAFの試験結果でもわかるように水深が60cmもあれば、多くの車は走行が困難です。車がダメになってしまうだけでなく、大きな事故にもつながりますので、冠水している道路は無理して侵入せずに迂回するのが鉄則です。万が一というときのためにも正しい知識を持ち、慌てずに対応することが大切ですね。

pagetop