ON THE ROAD
TOYO TIRES

眠気覚ましの休憩をとる、最適なタイミングは「午後2時台」

眠気覚ましの休憩をとる、最適なタイミングは「午後2時台」
heart

運転中、突然強烈な眠気に襲われた経験はありませんか? カフェインを摂る、ガムを噛む、車内の空気を入れ替えるなどさまざまな対策がありますが、どうしても眠気がとれない場合は思い切って仮眠するのが有効です。今回は厚生労働省の「睡眠指針」を元に、午後の眠気対策のポイントを3つご紹介します。

昼寝のベストタイミングは「午後2時〜3時前」

眠気覚ましの休憩をとる、最適なタイミングは「午後2時台」

日中の眠気を防ぐためには、まず毎日十分な睡眠時間(成人の目安は6 時間以上 8 時間未満)を確保したいところですが、仕事や生活などの都合でなかなかうまくいかないもの。

また、十分な睡眠をとれていたとしても、人体の睡眠のリズムが原因で午後2時ごろに眠気が生じやすいことが明らかになっています。思い切って昼寝をして、午後のつらい眠気をやり過ごしましょう。

昼寝の時間は「20〜30分」

眠気覚ましの休憩をとる、最適なタイミングは「午後2時台」

昼寝のタイミングは「午後2時~3時前」がおすすめ。夕方以降の遅い時間に寝てしまうと、夜うまく寝付けなくなってしまう場合があります。

また、上手に昼寝をするにはタイミングだけでなく時間も重要です。昼寝の時間は「20~30分」がベスト。長時間昼寝をしてしまうと、夜の睡眠に悪影響を及ぼす危険性があるため注意しましょう。眠る前には必ずアラームをかけておくと安心ですね。

起きた後は「太陽光・自然光を浴びる」

眠気覚ましの休憩をとる、最適なタイミングは「午後2時台」

ヒトの脳には、1 日の覚醒と睡眠のタイミングをつかさどる「体内時計」があり、起床直後に太陽の光を浴びることでリセットされます。体内時計のリズムが乱れると夜の不眠を引き起こし、その結果睡眠不足となって、朝の目覚めの悪さや日中の眠気につながる可能性もあります。なるべく毎日同じ時刻に起床し、すぐにカーテンを開けて太陽光を浴びるように意識したいところです。

なお、雨天や曇天の場合でも、窓際なら自然光を取り入れやすいといわれています。

ドライブ中だけでなく、日頃の眠気対策にも役立ちそうな3つのポイント。睡眠不足は生活習慣病のリスク上昇や、ストレスの増加、ヒューマンエラーによる事故やミスなどを引き起こす原因になるといわれています。仕事中に昼寝をするのはなかなか難しいという方もいるかもしれませんが、この機会に日々の睡眠を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

pagetop