ON THE ROAD
TOYO TIRES

渋滞時にもアウトドアにも。車内に備えておきたい「スマホスタンドスピーカー」

渋滞時にもアウトドアにも。車内に備えておきたい「スマホスタンドスピーカー」
heart

長距離ドライブの際に気になることと言えば、車内での上手な時間の過ごし方。クルマの中にいる時間が長くなればなるほど、できるだけ多くの暇つぶし方法を準備しておきたいものです。そんなときには音楽も動画も見られるスマホがあれば万事解決と思いきや、ちょうどいい置き場所を探すのに時間がかかったり、スマホ搭載のスピーカーでは音の響きがイマイチだったり…。そこで常に車内に1つあると便利なのが「スマホスタンドスピーカー」です。

音楽メインなら縦型タイプを

スマホを縦置きできるタイプは、車内での音楽鑑賞のほかナビゲーションアプリの使用時などにも活用できます。充電池を内蔵したタイプなら、車内はもちろん野外でも十分に聞こえる音楽スピーカーとして使用できるので、キャンプやBBQなどでも活躍してくれます。

なお、お手持ちのスマホとカーオーディオがBluetoothに対応していれば、スマホの音声はカーオーディオから流せるので、スタンド(ホルダー)のみ購入するのも手です。ダッシュボードやルームミラーに取り付けるタイプなら運転中も安定感があり、安心です。ミラー取り付けタイプのホルダーとセパレートタイプのBluetoothスピーカーを後部座席用に常備しておくのもいいでしょう。

動画視聴メインなら横置き対応タイプ

車内での動画視聴や映画鑑賞などに使うことが多いなら、スマホを横置きできるタイプが便利。スピーカー内蔵のスタンドなら、迫力のある映画の音も一緒に楽しめます。縦横どちらの置き方にも対応しているものや、滑りにくいシリコン製など、さまざまなタイプが販売されています。

もっと大きな画面で動画や映画を楽しみたいという方には、タブレット端末にも対応しているスタンドスピーカーもオススメですよ。Bluetooth接続が主流ですが、イヤホンと同じミニプラグで有線接続するタイプや、スマホのスピーカーから直接音を取り込んで増幅させる“接続不要”タイプもあります。機械の設定が苦手な人も使うならば、有線や接続不要タイプがいいでしょう。

少人数で聞くなら木製の無電源タイプも

場所を選ばず手軽に使えてオススメなのが、電源不要タイプのスタンドスピーカー。特殊な構造でスタンドに立てたスマホのスピーカーの音を増幅させる仕組みで、電池切れや充電忘れの心配もありません。木製が主流で、素材の違いやスピーカー部分の構造はさまざま。製品や個体によって音の広がり方も変わってくるので、レビューを確認しながら好みの音のスタンドを探す必要があります。「スマホのスピーカーは音の広がりがイマイチだけど、アンプ付きのスピーカーでは大きすぎる」という人には、無電源タイプはジャストフィットすること請け合いです。価格帯は数百円から4000〜5000円程度までと幅広く、中には100円ショップで手に入るものも。リーズナブルなものを複数車内に置いておくという選択肢もあります。木製のほか、シリコン素材のものもあります。水辺で使うときにはこちらもオススメです。

お手持ちのスマホの使い方が広がる「スマホスタンドスピーカー」があれば、思わぬ渋滞に巻き込まれたときでも車内で楽しく過ごせそうです。家族でのドライブなら、子どもの暇つぶしにも重宝しそうですね。春のお出かけ前には、個性豊かなスマホスタンドスピーカーを車の中に備えておきましょう!

pagetop