ON THE ROAD
TOYO TIRES

縦列駐車への苦手意識、克服しませんか?

縦列駐車
heart

「あ! あそこのパーキングメーターが空いてる! でも前後に車両があって駐車しにくいな…」と感じて、せっかく見つけたリーズナブルな駐車枠をスルーしたこと、ありませんか?

バックしながら、ハンドルを切っていかなければならない縦列駐車は難しいもの。ですが、苦手意識を持ったままでいたら、いつまでたっても上達しません。一度コツをつかんでしまえば、自信を持ってパーキング枠に駐車できるようになりますよ。

近ごろは駐車をサポートするパーキングアシスト機能が搭載されたクルマも少なくありませんが、いざというときには自力で駐車できることに越したことはありません。今回は、道路の左側にあるパーキングメーターに、右ハンドル車で駐車するケースを例として、4つのStepに分けて、そのコツを紹介します。

Step1:前の車と平行に停車して、左にハンドルを切る

縦列駐車への苦手意識、克服しませんか?

利用したいパーキング枠の前方に停まっている車の真横へ、ドアが開けられるくらいの間隔(1mほど)を空けていったん停車します。具体的な目安としては、車両とリヤバンパー(最後部)が同じ位置になるようにしましょう。

同じサイズ感の車であれば、ドアミラーの位置が同じになるようにするのがコツ。自分の車がコンパクトハッチバックで、前の車が大型ワゴンの場合は、前の車のセカンドシート(スライドドア)あたりを目標にするといいでしょう。

停車したらハンドルを左いっぱいに切ります。これ以上回せない! という状態になるまで切ってください。このとき、どれくらいハンドルを切ったのかを「1.5回転」「1と3/4回転」といったように覚えておきます。

Step2:バックしながらドアミラーを確認し、後方車両が全部はいったらストップ

縦列駐車への苦手意識、克服しませんか?

ギアをバックに入れ、ゆっくりとブレーキから足を離します(オートマチック車の場合)。ゆっくりとバックしながら、姿勢を変えずに右のドアミラーを見ます。

ドアミラー内に後方の車両が全部映り込んだらブレーキを踏んで停車します。

Step3:ハンドルをまっすぐに戻してバックする

縦列駐車への苦手意識、克服しませんか?

左いっぱいに切ったハンドルをまっすぐに戻します。どれだけ戻せばまっすぐの状態になるのか、の答えは「先ほど左に切った分と、同じ回転数だけ」。「1.5回転」なら同じ分だけ右に1.5回転すればOKです。

ハンドルをまっすぐにしたら、運転席側のドアウインドーを下げて、窓から後ろを見ながらブレーキから足を離してバックします。

どこまでバックすればいいかの目安は、リヤ(後ろの)タイヤがパーキング枠の白線を踏んだ状態なるまで下がればOKです。

Step4:ハンドルを右に切ってバックする

縦列駐車への苦手意識、克服しませんか?

ハンドルを右いっぱいに切ります。そして左前を見ながらバックします。もし前方車両にぶつかりそうなら、ハンドルをまっすぐに戻し、ぶつからない位置までバックしてから、再度ハンドルを右いっぱいに切ってバックします。

続いて左のドアミラーを見て、左後ろがぶつからないように確認します。ぶつかってしまいそうなら、ハンドルをまっすぐに戻して車を少し前進させ、またハンドルを右いっぱいに切ってバックします。

車がパーキングメーターの枠内に収まったら、ハンドルをまっすぐに戻し、少しだけ前進させます。

さあ! これで縦列駐車ができました!

各Stepで共通するポイントは、

  • ハンドルを左右ともに目いっぱいに切ること。
  • バックする際は歩くスピードよりも遅く、ゆっくりと車を動かすこと。
  • 極力目視で安全を確認すること。
  • 左前と左後ろの接触に気をつけること。

これらを意識すれば、今まで苦手だった縦列駐車にも自信がつきますよ。

pagetop