ON THE ROAD
  • TOP
  • HOW TO
  • 新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説
TOYO TIRES

新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説

新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説
heart

新車を購入する際はクルマの購入費用のほかに、事前にいくつかの書類を準備する必要があります。普通自動車と軽自動車でそれぞれ異なる必要書類と、新車購入の流れについて解説します。

普通自動車の新車購入時に用意する書類・アイテム

新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説

普通自動車を購入する際に用意する必要があるのは主に「印鑑証明書」と「実印」の2点です。各書類・アイテムについて以下に詳しく紹介します。

印鑑証明書

「印鑑証明書(印鑑登録証明書)」は、その印鑑の所有者を証明するものです。お住まいの市区町村の役所などのほか、マイナンバーカードがあればコンビニでも気軽に取得できます(コンビニ交付に対応していない自治体もあります)。

印鑑登録をしていない場合は、まずは「印鑑登録証」の交付を受ける必要があります。

実印(普通自動車の場合のみ)

普通車を買う場合、国交省で新規登録をするために実印が必要です。上の証明書とあわせて印鑑登録をした実印を用意しておきましょう。

軽自動車の新車購入時に用意する書類・アイテム

軽自動車を購入する際に用意する必要があるのは主に「住民票」と「印鑑」の2点です。各書類・アイテムの詳細は以下の通りです。

住民票

住民登録している人の氏名や住所などの情報が記載された「住民票」は、購入者の本人確認書類として使われます。発行後3カ月以内のものを準備しておきましょう。上の印鑑証明書と同様、役所やコンビニなどで発行できます。

印鑑

普通車と異なり、実印である必要はありません。銀行などで使う認め印でOKですが、浸透印は認められない場合もあるので注意しましょう。

販売店が準備してくれる書類

新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説

購入者側で用意するもの以外に、販売店で発行を代行してもらえる書類もあります。手数料等を最小限に抑えたければ、購入者自身が取得するという手もあります。

自動車検査証(車検証)

一般的に“車検証”と呼ばれる「自動車検査証」は、そのクルマが自動車保安基準に適合していることを証明するものです。クルマのメーカー名や種類、定員、重量などさまざまな情報が記載されています。購入後の点検整備状況も備考欄に記載されます。

自賠責保険証

自賠責保険は、主に人身事故の補償を対象とした強制保険で、クルマの使用者(所有者)全員に加入が義務付けられています。自賠責保険証(自賠責保険証明書)は加入後に発行されます。

委任状/申請依頼書

普通車の登録手続きを販売店に代行してもらうための書類で、署名と実印の押印が必要です。自分で手続きを行う場合は不要です。

車庫証明書(自動車保管場所証明書)

普通車の購入には、クルマの保管場所(駐車場)を確保していることを証明する「車庫証明書」が必要です(※離島など一部地域では不要)。保管場所を管轄する警察署で取得でき、申請手数料に約2000円、交付手数料に約500円かかります。申請書は警察署のホームページなどからもダウンロードできます。

クルマ購入までの流れ

新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説

続いては新車の選び方と注意すべきポイントについてご紹介します。よりスムーズな納車のために、なるべく早いタイミングで書類の準備も済ませておきましょう。

予算を考える

予算の範囲内で購入できるクルマを絞り込みます。購入後も駐車場代やガソリン代、税金、保険料などの維持費がかかってくることを考えて、無理のない予算を決めましょう。

車種を選ぶ

買い物・通勤・通学・レジャーなど、使用用途にあわせた車種を選びます。乗車人数や積載量なども確認しておきましょう。

店舗に問い合わせる

欲しいクルマを取り扱っている販売店を探します。予算や好みなどある程度の条件を決めて、店舗で比較しながらスタッフと相談して決めても良いでしょう。

試乗

購入するクルマが決まったら、実際に見るだけでなく試乗もしておくことが大切です。通常は予約なしでも試乗可能ですが、お目当ての試乗車がなかったり、混雑していたりする場合もあるので事前に確認しておくと安心です。後悔のないように、可能であれば異なる時間帯で複数回試乗するのがベスト。購入後のイメージがより鮮明になりますよ。

見積もり

クルマのグレードやオプションを決めて、購入代金の見積もりを取ります。現在所有している愛車を売却する場合はその下取り額を充てることも可能です。販売店によって価格が異なる場合もあるので、複数の店舗で見積もりを取ればよりお得に購入できるかもしれません。

契約

見積金額に納得したら、契約に進みます。契約書の内容をよく確認し、気になる点や疑問点を解消したうえで署名・押印していきましょう。

支払い

現金一括・クレジットカード・カーローンなどの支払い方法があるので、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて選びましょう。なお、カーローンを組む場合は、審査のために運転免許証やパスポートなどの本人確認書類や、収入が証明できる書類などが別途必要になります。

納車

契約から納車日までの期間は、早くて1週間~2週間程度、人気車種なら1年以上かかる場合もあります。車種によって大きな差があるので事前に確認しておきましょう。

納車時も焦らずに、車両の状態に問題がないか今一度確認しておきましょう。受け取りのサインをして納車完了です。

任意保険の手続きは忘れずに

新車購入に必要な書類は?準備から納車までの流れを解説

自賠責保険で対応しきれない部分の補償をカバーする「任意保険」の加入は、納車前がおすすめ。あらかじめ保険契約手続きを済ませておくことで、納車日から補償を開始できます。

自賠責保険の保険料は全国一律ですが、任意保険は保険会社によって保険料や補償内容が異なるので、余裕をもって検討・加入しておきましょう。また、現在加入している任意保険の車両入替(名義変更)を行う場合は、保険会社への連絡もお忘れなく。

今回の記事では、新車購入の際に入手すべき書類と購入の流れについて解説しました。新車に限らず、中古車販売店での自動車購入にも同様の書類が必要になるので覚えておきましょう。

なお、買い替えで下取りを利用する場合はさらに多くの書類の提出が必要です。詳しくは販売店にご確認ください。

pagetop