ON THE ROAD
  • TOP
  • HOW TO
  • 免許取得のために必要な視力は?
TOYO TIRES

免許取得のために必要な視力は?

免許取得のために必要な視力は?
heart

運転免許の適正試験では、主に「視力」「聴力」「色彩識別」の3つが試されます。運転に必要な情報のほとんどは視覚から入ると言われており、視力は最も重要な要素と言えるでしょう。今回は、運転免許の取得に必要な「視力」について解説します。

運転免許を取るために必要な視力の合格基準

免許取得のために必要な視力は?

必要な視力の基準は、免許の種類によって異なります。ここでは、免許の種類ごとの合格基準についてご紹介します。

普通自動車免許の合格基準

普通自動車免許の取得には、左右それぞれの視力が0.3以上、両目で0.7以上の視力が必要です。片方の視力が見えない、または0.3以下なら、見える方の視力が0.7以上かつ視野が150度以上あることが求められます

原付と小型特殊自動車に必要な視力

免許取得のために必要な視力は?

また、原付と小型特殊自動車の免許の取得には、左右それぞれの視力が0.1以上、両目で0.5以上の視力が必要です。片方の視力が見えない、または0.3以下なら、見える方の視力が0.5以上かつ視野が150度以上あることが求められます。

その他の免許の基準

さらに大型免許・中型免許・準中型免許・けん引免許・第二種免許の取得には、上の免許よりも厳しい基準が設けられています。まず左右それぞれの視力が0.5以上、両目で0.8以上の視力に加えて、ものの立体感や奥行きをとらえる「深視力」の検査もクリアする必要があります。専用の検査機で、3本の棒を一列に並べる検査を3回行い(平均誤差が2センチ以内で合格)、遠近感が正常であるかを調べます。

もし視力検査に落ちてしまったら

免許取得のために必要な視力は?

いずれの免許も、裸眼で基準を満たせない場合は眼鏡やコンタクトレンズなどでの視力矯正が認められています。もし視力検査に落ちてしまったら、眼鏡やコンタクトレンズなどを用意したうえで、当日または後日に再検査を受けましょう。

検査に合格できなければ、免許更新費用などは返還されます。何度も支払う必要はないのでご安心を。

基準よりも悪い視力のまま裸眼で運転したらどうなる?

免許取得のために必要な視力は?

眼鏡やコンタクトレンズなどを着けた状態で視力検査に合格すると、取得した運転免許証には「眼鏡等」という条件が記載され、運転の際は視力矯正が義務付けられます。

違反点数+罰金が科されるほか、事故の場合は過失割合も大きく

視力矯正が必要にもかかわらず裸眼で運転すると、「免許条件違反」で交通違反となり(道路交通法 第91条「免許の条件」)、普通車なら違反点数2点と反則金7,000円が課せられます。さらに交通事故を起こせば過失割合が大きくなり、自動車保険金が減額される可能性もあります。事故を起こさなかったとしても危険な行為であることに変わりはないので、絶対にやめましょう。

レーシックなどで視力が向上した場合は

また、レーシック手術などで視力が回復しても、免許証に「眼鏡等」の条件が記載されたままであれば、裸眼での運転は交通違反となってしまいます。視力回復後は、お近くの運転免許試験場や警察署で「条件解除」の手続きを忘れずに受けましょう。ただし、角膜矯正用コンタクトレンズなどによる“一時的な”視力回復は、条件解除の対象にはならないのでご注意ください。

視力検査の前は目の酷使に注意!

免許取得のために必要な視力は?

目が疲れていると、一時的に視力が落ちて視力検査に合格できない場合があります。検査前にはなるべく目を酷使する行動は避けたいところですが、それでも疲れが気になるときは目のストレッチをしてみてはいかがでしょうか。頭や顔を動かさずに眼球だけを上→下→右→左の順番に動かしたり、遠いところと近いところを交互に見たりして、目の筋肉をほぐしましょう。疲れの状態に合わせて、目を温めたり冷やしたりするのもおすすめですよ

まとめ

運転免許の取得時だけでなく、免許の更新時にも毎回受けることになる視力検査。これまで矯正が必要なかった方も「いつの間にか視力が落ちて検査に合格できなかった!」なんてこともあるかもしれません。スケジュールには余裕をもって検査を受けられるといいですね。

pagetop