ON THE ROAD
TOYO TIRES

ミニマム&ワイルドなジムニーで、 大自然を満喫するクルマ三昧のフェスへ!

ミニマム&ワイルドなジムニーで、 大自然を満喫するクルマ三昧のフェスへ!
heart

TOYO TIRESが、SUVをエンジョイできるイベントを紹介するシリーズ第3弾。第1弾、本格オフロードを楽しむイベント『JOAフェスティバル』。第2弾、おしゃれにゆるキャンを満喫できる『GO OUT CAMP』に引き続き、スズキ ジムニーへの愛に溢れた『クルマアソビフェスxジムニー祭り』をご紹介します。

岩手山の麓に新旧ジムニーがひしめく!日本最大級のジムニーイベント『クルマアソビフェス×ジムニー祭り』。

『クルマアソビフェスxジムニー祭り』はジムニーを愛する仲間が一同に集まるイベントとしてスタートし、今ではクルマと大自然を楽しむ総合イベントとして成長。開催19回目となる今年は、岩手県のシンボルである岩手山を間近に臨む広大なキャンプ場、岩手山焼走り国際交流村で2日間に渡って開催されました。前日までの荒天から一変、開催期間中はほぼ晴天に恵まれ、夏の日差しの中ワクワク感と興奮高まる2日間となりました。

同乗体験、魚のつかみ取りなど、家族 みんなが楽しめるイベントが目白押し。

初日の開場直後から、思い思いにカスタムされたジムニーが続々と来場。岩手山がバックにそびえる広大な芝生エリアでは、泊まりで参加の方々がクルマを横に色とりどりのタープを張ってキャンプの準備が進められていきます。“クルマアソビフェス”という名前の通り、ジムニー関連以外のイベントも盛りだくさん。小型オフロード四駆「ポラリス オフロード ビークル」の体験乗車、オフロードレースカーのデモランやドリフトマシンの同乗体験には、すぐに人だかりが出来ていました。また、ずらりと並んだアメリカンクラシックカーや最新のキャンピングカー展示も圧巻の迫力です。また、タイヤ交換タイムアタックや子ども向けのニジマスつかみ取りなど、ほっこりするイベントも。

変化に富んだダートコースを激走! ジムニー乗りによるタイムトライアル。

『クルマアソビフェスxジムニー祭り』一番の注目は、総勢74台のジムニーが参加するタイムトライアルレース「JAPAN JIMNY SUPER TRIAL CHAMPIONSHIP」。芝生の会場から森の中を進んだ先に現れるのは、山を切り開いた予選用ダートコース。順次スタートラインに付いたジムニーが、もうもうと砂埃を上げて激しい傾斜を駆け上がっていきます。1日目の予選タイムにより2日目の決勝戦の出走順が決まるため、全車本気の走りっぷりを披露。2日目、舞台をメイン会場へ移し行われた決勝レースでは、数日前までの雨によりマッドなコンディションと化したコースが、前の走者の轍によって刻々と変化していきます。

難しいコースコンディションに対し、巧みなテクニックでジムニーを操り、泥や小石を跳ね上げタイムを縮めていくドライバーたち。左右に起伏が連続するモーグルと呼ばれるエリアや、バケツと呼ばれるすり鉢状の深い穴など、いくつもの難所をクリアしてゴールする出走車に、大勢のギャラリーからは惜しみない拍手が挙がっていました。総勢74台の激走が全て終わり薄暮の頃を迎え、ジムニー祭りは各イベントの表彰式と恒例のじゃんけん大会で閉幕。

ジムニーのオーナーとしても、自然豊かな場所でクルマにまつわる体験ができるイベントとして、大人から子どもまで楽しめる2日間。クルマとアウトドアの新たな遊び方を見つけに、ぜひ参加してみてください。

pagetop