ON THE ROAD
TOYO TIRES

冬の醍醐味を堪能しよう!「露天風呂のある道の駅」ドライブ

冬の醍醐味を堪能しよう!「露天風呂のある道の駅」ドライブ
heart

いよいよ冬本番。ひんやりした空気を感じながらの温かい露天風呂は、この時期ならではの醍醐味です。今回は、冬ドライブにオススメの「露天風呂がある道の駅」をピックアップしてご紹介します。

道の駅うつのみや ろまんちっく村

・所在地:栃木県宇都宮市新里町丙254
・アクセス:東北自動車道・宇都宮ICより約5分

栃木県宇都宮市の北西部、国道293号沿いに位置する「道の駅うつのみや ろまんちっく村」。46ヘクタール(東京ドーム10個分)という広大な面積の敷地内には、地元野菜や名物の餃子などを購入できる直売所のほか、レストラン、季節の野菜を収穫できる体験農場、森の散策路、ドッグランなどがあります。駅周辺は晴天率が高く着雪の心配も少ないので、冬場もアクセスしやすいのがうれしいポイントです。

駅内のホテルには、温水プールやサウナなどを備えたスパ施設「アグリスパ」と天然温泉「湯処あぐり」があり、どちらも日帰り入浴可能(お得なセット券もあり)。温泉の露天風呂では、鞍掛山や古賀志山、赤岩山の雄大な山並みを眺めながら、ゆったりとリラックスできます。

道の駅杉の湯 川上

・所在地:奈良県吉野郡川上村迫695
・アクセス:南阪奈道路・葛城ICより約1時間

奈良県の南東部、吉野郡川上村の国道169号線沿いに位置する「道の駅杉の湯 川上」。地元の野菜や名物「柿の葉寿司」などを購入できるおみやげ屋と、そばやうどんが食べられる麺コーナーからなる、こぢんまりとした道の駅です。麺コーナーのメニューには、駅隣接の「ホテル杉の湯」の料理人こだわりのダシが使われており、お昼時には行列ができることもあるのだとか。

駅隣接のホテルでは、11時~19時まで(受付18時まで)日帰り入浴が可能。奥吉野渓谷や四季の自然を眺めながら入浴できる露天風呂と内風呂、サウナなどが楽しめます。2018年12月現在、ホテルへと通じる国道169号線の高原トンネルがひび割れのために通行止めになっていますが、ホテル杉の湯のサイトによれば「『ホテル杉の湯利用』と伝えれば通行が可能」とのことです。

道の駅 川根温泉

・所在地:静岡県島田市川根町笹間渡220
・アクセス:新東名高速道路・島田金谷ICより約25分、東名高速道路・相良牧之原ICより約1時間

静岡県中部、島田市川根町の県道63号沿いに位置する「道の駅 川根温泉」。施設内には、地元野菜や特産品「川根茶」などを購入できる産直売店のほか、お茶どころならではの「手もみ茶体験」ができる農業体験室(要予約)、無料足湯、ドッグラン、パターゴルフ場、全棟温泉付きのコテージなどがあります。
また、駅内の日帰り温泉施設「ふれあいの泉」では、県内トップクラスの豊富な湯量をいかし、男女合わせて11箇所の浴槽をすべてかけ流しで提供。特に、大井川鉄道のSLを眺めながら浸かれる露天風呂は大人気です。SLは基本的に12時半と15時半に下りと上り1本ずつ通過しますが、冬季は運休日があるため、詳しくは鉄道会社のWebサイトをご確認ください。

気になるスポットは見つかりましたか? ただの寄り道にはもったいないほど充実した道の駅の数々。たまにはお泊まりでのんびり過ごしてみるのもアリかもしれませんね。

pagetop