ON THE ROAD
TOYO TIRES

ゼブラゾーン(導流帯)の走行ルールについて

“ゼブラゾーン”は走行してもOK?それともNG? そもそも正式名称は?
heart

右折レーンの手前や交差点などの路面で、白い枠線で囲まれた縞模様を見かけたことはありませんか? 一般に「ゼブラゾーン」と呼ばれる、あの道路標示の意味と走行時のルールについて解説します。

ゼブラゾーン(導流帯)の走行ルール

ゼブラゾーン(導流帯)の走行ルール

右折レーンの手前などの路面にペイントされている、白い枠線で囲まれた縞模様の白線。一般に「ゼブラゾーン」と呼ばれるこの道路標示は正式名称を「導流帯(どうりゅうたい)」といい、「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(昭和35年総理府・建設省令第3号)により定められています。

設置場所は「車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所」とされ、主に広すぎる交差点や変形した交差点の手前、高速道路出口の分岐、車線数が減少する場所など、交通事故や渋滞の起こりやすい場所に設置されています。

ちなみに「ゼブラゾーン」には、実は白い縞模様でゾーニングされたエリアを指す一般名称としての意味もあります。つまり、導流帯だけでなく横断歩道なども「ゼブラゾーン」の一種です。ただ、ドライバーの間では「ゼブラゾーン」といえば導流帯を指すことが多いため、以降では「ゼブラゾーン=導流帯」として解説します。

ゼブラゾーンは走行可能?走行不可?

ゼブラゾーンは走行可能?走行不可?

ゼブラゾーン内の走行や駐車は、実は法令で禁止されているわけではありません。走ったからといって処罰されるわけではありませんが、これはあくまでも誘導のために設けられているエリアですから、むやみに走行したり駐車するのは避けた方がいいでしょう。

上の写真のようにポールでゾーニングされているケースもよく見られますが、安全のために気軽に入れないようにするためだと考えられます。

ゼブラゾーン内で事故を起こした際の過失割合

本来は車両の安全のために設置されているゼブラゾーンですが、走行方法によっては思わぬ事故を引き起こす場合があります。最も多いのが、ゼブラゾーン内をそのまま直進して右折レーンに入る車両と、標示にしたがい車線変更をして右折レーンに入る車両との衝突・接触事故。

通常の基本過失割合は直進車が3割、車線変更車が7割ですが、この場合ゼブラゾーンは本来走行するために設けられた区画ではないことから、直進車に1~2割の過失が上乗せされる場合があるので注意が必要です。

ゼブラゾーンと類似した標示にも注意

ゼブラゾーンと類似した標示にも注意
「停止禁止部分」と、黄色のセンターライン

ちなみに、ゼブラゾーンと見間違いやすい道路標示として、「停止禁止部分(白い枠線で囲まれ、中央部分が空白になった縞模様の白線)」や「立ち入り禁止部分(黄色い枠線で囲まれた縞模様の白線)」「安全地帯(黄色と白で二重に囲んだ線、標識は青地に白のV字)」などが挙げられます。

警察署や病院の前などでよく見かける「停止禁止部分」は、緊急車両の通行を妨げないためのもので、枠内の通行は可能ですが停止はできません。

駐車場内にある「立ち入り禁止部分」
駐車場内にある「立ち入り禁止部分」

「立ち入り禁止部分」は、車両が枠内に入ること自体が禁止されています。同様に、路面電車の乗降場所や広い横断歩道の途中などに設置される「安全地帯」も、枠内への立ち入りや停止はできません(さらに安全地帯に歩行者がいたら徐行が必要、安全地帯の左側とその前後10メートルは駐停車禁止であることもお忘れなく!)。

ゼブラゾーンを直進してくる車には注意が必要

ゼブラゾーンの走行や駐車は禁止されていませんが、なるべく避けた方が無難であることをお伝えしました。ただ、違法ではないだけに、ときにはゼブラゾーンに入る車と出会うこともあるかもしれません。ゼブラゾーン付近では、そこを走行する車が接近してくる危険も想定して、より慎重な運転を心がけましょう。

pagetop