ON THE ROAD
TOYO TIRES

履き替え時期の参考に!地域別「何%のドライバーが冬タイヤに変えたか」の調査データ

履き替え時期の参考に!地域別「何%のドライバーが冬タイヤに変えたか」の調査データ
heart

いよいよ本格的な降雪シーズンが到来。タイヤの履き替えはお済みですか? 東日本の高速道路を管理運営するNEXCO 東日本では、毎年冬季になると高速道路利用者の冬用タイヤ装着率を目視で調査し、その結果をWebサイトで公表しています。

そこで今回は、東日本のエリアごとの冬タイヤ装着率をご紹介します。履き替え時期の参考にしてみてください。

東北地方では、12月上旬に90%以上の装着率に

東北地方(東北支社)では、11月初旬~12月上旬にかけて週1回程度のペースで冬タイヤの装着率を調査(※)。今シーズン最初の11月5日の調査では全体の17%でしたが、33%、53%、69%と次第に増えていき、12月に入ると83%にまで増加。さらに12月9日には92%まで上がったものの、それでも約1割は未装着という状況でした。

※調査日
11月5日(火)、11日(月)、18日(月)、25日(月)、12月2日(月)、9日(月)

新潟地方の装着率は、12月上旬に98%に。大型車は100%

また、新潟地方(新潟支社)では、11月下旬~12月上旬にかけて週1回程度のペースで冬タイヤの装着率を調査(※)。11月19日の第1回調査では全体の43%。そこから70%、86%と大幅に増えていき、12月9日の調査ではほぼパーフェクトの98%となっています。ちなみに大型車に限れば100%となっており、雪国ならではの安全意識の高さがうかがえる結果となりました。

※調査日
11月19日(火)、26日(火)、12月3日(火)、10日(火)

関東地方の装着率調査は12月上旬から来年1月にかけて実施

関東地方(関東支社)については、今シーズンはすべての調査結果が出ていないため、昨シーズンのデータをご紹介します。昨年度は、12月上旬から1月下旬にかけて冬タイヤの装着率を調査(※)。

12月は、首都圏地域では全体の51.4%(小型車34.8%/大型車91.4%)、降雪地域では90.4%(小型車89.5%/大型車92.7%)と、地域や車種によって大きな差が出る結果となりました。

さらに1月の調査では全体的に装着率が上がり、首都圏地域では70.3%(小型車60.5%/大型車95.4%)、降雪地域では97.1%(小型車95.7%/大型車100%)という結果に。

同じ首都圏地域でも大型車は9割以上装着しているのに対し、小型車は6割にとどまっており、安全意識のギャップが浮き彫りとなりました。

※調査日
平成30年12月12日(水)、16日(日)、平成31年1月16日(水)、20日(日)

タイヤの履き替えタイミングは走る地域やその年の気候によって大きく左右されるため毎年迷うところですが、このようなデータは1つの目安になるかと思います。とはいえ、雪の予報が出てからは整備工場が混み合う場合もあるので、なるべく早めのタイミングで交換を済ませておくと安心ですよ。

pagetop