ON THE ROAD
TOYO TIRES

軽自動車ではなく…「軽車両」と聞いて、何を思い浮かべる?

軽自動車ではなく…「軽車両」と聞いて、何を思い浮かべる?
heart

軽自動車といえば、排気量660cc以下、長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下の三輪および四輪自動車のことを指します。それでは、「軽車両」がどんなものかはご存じでしょうか?

今回は「軽車両」に関する道路標識や定義について解説します。

この標識、一体何?

ちょっとここでクイズを1つ。路上で時折見かけるこちらの標識。中心には江戸時代ごろから使われていた荷車「大八車(だいはちぐるま)」が描かれており、赤い斜線が引かれています。現在ではもうほとんど見かけることのない大八車ですが、これは一体何を意味する標識なのでしょうか。

「自転車以外の軽車両通行止め」の標識

実はこちらは、「自転車以外の軽車両通行止め」をあらわす標識。軽車両とは、「自転車」、「リヤカー」、「人力車」、「馬車」、「荷車」、「そり」、「山車」などの車両を指します。つまりこの標識は、自転車だけが通行を認められる場所に設置される標識なのです。

道路交通法と道路運送車両法による、「軽車両」の定義

「軽車両」の定義は、道路交通法にも以下のように記載されています。

自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽けん引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう

(道路交通法第2条第1項第11号)

また、道路運送車両法には以下のように記載されています。

人力若しくは畜力により陸上を移動させることを目的として製作した用具で軌条若しくは架線を用いないもの又はこれにより牽引(けんいん)して陸上を移動させることを目的として製作した用具であつて、政令で定めるものをいう

(道路運送車両法第2条第4項)

「軽自動車」と「軽車両」、似ている言葉ですがまったく別のものであることがわかりました。なお、車いすや歩行補助車、自転車を押して歩く場合などは、「軽車両」ではなく「歩行者」扱いとなります(道路交通法第2条第3項第11号)。路上で標識を見かけた際は、ぜひ思い出してみてくださいね。

pagetop