ON THE ROAD
  • TOP
  • トリビア
  • アイスバーンにも種類がある!もっとも怖いのは…?
TOYO TIRES

アイスバーンにも種類がある!もっとも怖いのは…?

heart

初心者ドライバーだけでなく、ベテランドライバーにとっても難易度が高い雪道ドライブ。ON THE ROADでは、これまで雪道に潜む危険ポイントを何度かお伝えしてきましたが、雪解け後の運転にも十分な注意が必要です。今回は、雪がやんだ後にこそ気をつけたい、「アイスバーン」の種類と特徴について解説します。

氷結路面の「アイスバーン」

「アイスバーン」とは、氷のように凍結した路面のこと。雪が降った翌日に気温が上昇し、夜になって急激に冷え込むと、道路の雪解け水が凍って発生しやすくなります。

特に日陰部分や橋の上、トンネル出入り口などの場所は凍結しやすく、気温0℃前後のときの水分を含んだアイスバーンは最も滑りやすいと言われているので、慎重に運転したいところです。

凍って固まった、鏡のような「ミラーバーン」

また、雪道が鏡のようにツルツルになった路面は「ミラーバーン」と呼ばれます。雪がタイヤで踏み固められ磨かれることによって発生するもので、交通量の多い道路や交差点などの場所で起こりやすいので注意が必要です。

特に交差点でのミラーバーンは、停車時や発進時のスリップの原因となり、追突など重大な事故につながる危険性があります。

ぬれた路面に見える「ブラックアイスバーン」

アイスバーンの中でも特に厄介なのが「ブラックアイスバーン」。ぬれた黒い路面に見えて実は凍結している状態で、昼間のウエット路面との違いがわかりづらいのが特徴です。

JAFが行った実験では、ブラックアイスバーンを起こした路面での制動距離は、ぬれた路面にくらべて約6倍も伸びる(ウエット路面:11.0m、ブラックアイスバーン:69.5m)という結果に。見た目にはほとんど差がないだけに、大変危険です。

夜間は特に見えづらいので注意し、 雪に限らず雨の後にも起こりやすいので、冷え込みの激しい朝晩や日陰などの凍結しやすい場所では十分に気をつけましょう。

ブラックアイスバーンでの事故を防ぐには、滑ることを予測したうえでの慎重な運転はもちろん、急な操作(急発進・急ブレーキ・急ハンドル)は絶対に避けましょう。加えて、ブラックアイスバーンが発生しやすい地点を知ることも重要。路面が風にさらされて凍結しやすい橋の上、またトンネルの出入口のほか、道路上で常に日陰になる部分など、市街地の交差点の停止線の手前などには特に注意が必要です。

冬のドライブ前には、天気予報や交通情報サイト、ドライブルートなどをいつもより念入りにチェック。凍結状態の道路では、たとえスタッドレスタイヤを履いていたとしても油断はできません。アイスバーンが予想されるときには、普段よりもスピードを落とし、車間距離を十分にとって余裕ある運転を心がけたいものです。

pagetop