ON THE ROAD
TOYO TIRES

見慣れた道路標識の小さな工夫。雪国ならではの道路標識トリビア

見慣れた道路標識の小さな工夫。雪国ならではの道路標識トリビア
heart

ドライブ中、何気なく目にしている「道路標識」には、その地域独特の”事情”が隠れているものが…。今回は、雪国ならではの道路標識トリビアをご紹介します。

運転中に見るとあまり感じないが、実際のサイズは結構大きい

まず、これは雪国に限ったことではありませんが、「道路案内標識」のサイズは意外と大きいのをご存じでしょうか。文字の大きさや文字数などによって異なりますが、交差点手前に設置される「予告案内標識」は縦2.4m×横2.8m、交差点付近に設置される「交差点案内標識」は縦2.2m×横2.8mといったように、標準的な標識板の大きさが決められています。ちなみに文字の大きさは漢字の場合、一般道路で30cm、高速道路では50cmが目安となっており、設計速度や交通量によっても変わります。

標識と背比べする機会なんてほぼありませんが、私たちよりもはるかに大きいとは驚きですね。ただ、その大きさゆえに冬場は標識の上に雪が積もり、道路などに落雪してしまうこともあります。対策として、北陸地方では標識屋根や雪割りを設置しているほか、人力での除雪も行われています。

道路案内標識は、雪国だと雪が落ちるように傾斜が強くなっている

また、落雪事故のほかにもうひとつ怖いのが、標識表面への着雪によって案内が読めなくなってしまうこと。東北地方などの降雪が多い地域では、対策として標識板の傾斜角度を30°程度にしています。これ以上大きくすると判読性が下がってしまうため、この角度が限界なのだとか。なお、一般的な標識板もよく見てみると3°程度下に傾いています。これは標識板に使われている反射材料の性能を高め、視認性を向上させるためなのです。

着雪を防ぐ塗料を使用したものもある

雪国の標識の落雪・着雪対策は、ほかにもさまざまな方法が試行されています。例えば、北陸技術事務所の調査では、標識表面への着雪を防ぐ塗料として「フッ素チタン塗装」が有効だったことから、今後活用・普及させていくとしています。さらに別の場所でも、標識上部に傾斜板を設置したり、ヒーティング機能をつけたりと、それぞれ工夫が施されているようです。

このような対策は、豪雪地帯の住宅屋根の雪下ろし作業を軽減させるという、道路標識とは別分野への応用も期待されています。今後さらに画期的な方法が出てくるかもしれませんね。

普段、無意識にその下を通り過ぎていた「道路案内標識」も、数々の試行錯誤と工夫によってつくられていると思うと、ちょっぴり愛着がわいてきませんか? 冬ドライブで雪国を訪れた際には、ぜひ思い出してみてくださいね。

pagetop