ON THE ROAD
TOYO TIRES

酒気帯び運転の基準とは?酒酔い運転とは違う?

酒気帯び運転の基準とは?酒酔い運転とは違う?
heart

「飲んだら乗らない」はドライバーの鉄則。飲酒運転は道路交通法違反となり、厳しい行政処分と罰則が設けられています。飲酒運転は大きく分けて「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2種類に分類されますが、この2つの違いはご存じですか? 今回の記事では酒気帯び運転の定義と、酒酔い運転との違いもあわせて詳しく解説します。

酒気帯び運転の基準値

酒気帯び運転の基準となるのは「呼気中のアルコール濃度」です。呼気検査で0.15mg/l 以上のアルコールが検出された場合、酒酔い状態でなくとも酒気帯び運転となります。

酒気帯び運転の罰則

酒気帯び運転の基準とは?酒酔い運転とは違う?

酒気帯び運転をした場合の行政処分は、呼気中アルコール濃度によって以下のように異なります。

  • 0.15mg/l 以上 0.25mg/l 未満の場合…基礎点数(違反点数)13点、免許停止(90日間)
  • 0.25mg/l以上の場合…基礎点数25点、免許取り消し(欠格期間2年)
    ※前歴・その他の累積点数がない場合。欠格期間中は免許の再取得ができない。

また、酒気帯び運転には「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」という罰則も設けられており、運転者だけでなく、飲酒していると知りながら車両提供をした人にも同じ罰則が適用されます。さらに酒類提供者・同乗者にも「2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」が適用されるので、周囲の人も飲酒運転を起こさないよう十分に注意しましょう。

どうして基準値が0mgではなく0.15mg以上なのか

では「酒気帯び運転の基準値を超えない程度の飲酒なら良いのか」と言うと、そうではありません。これまでの調査研究から、アルコールは飲む人の心身にさまざまな影響を及ぼすことがわかっており、たとえ少量でも正常な判断力や集中力などが損なわれるといわれています。

あくまでも「呼気中のアルコール濃度が0.15mg/l以上であれば取り締まり対象になる」ということで、「0.15mg/l未満なら運転OK」ということではありません。「お酒1杯だけなら大丈夫」と思わず、飲んだら絶対に運転しないようにしましょう。

酒酔い運転と酒気帯び運転との違い

酒酔い運転の「酒酔い」とは、「アルコールの影響により車両等の正常な運転ができないおそれがある状態」を指します。警官とうまく話せなかったり、まっすぐ歩けなかったりと、ドライバーが明らかに車両の運転ができない状態の場合は酒酔い運転として検挙されます。

酒酔い運転の行政処分の内容は、「基礎点数35点、免許取り消し(欠格期間3年)」。さらに「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」という罰則も適用されます(※)
※車両提供した人の罰則も上に同じ。酒類提供者・同乗者は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となる。

お酒に弱い人なら、呼気中のアルコール濃度が0.15mg/l未満だったとしても酒酔い運転となり、酒気帯び運転よりも重い罰則を受ける可能性があるので注意が必要です。

自転車の運転にも適用される?

酒気帯び運転の基準とは?酒酔い運転とは違う?

道路交通法第65条には、「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」とあります。この「車両等」には自転車も含まれるので、違反すれば「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金等」の対象となり、車両提供者や酒類提供者も罰則を受ける可能性があります。

飲酒運転は法律で禁止されているだけでなく、重大な事故にもつながる危険行為です。酒気帯び運転や酒酔い運転で事故を起こした場合、自動車保険も補償対象外(ただし、被害者の損害補償については保険金支払いの対象)となります。
飲んだお酒がどれくらいの時間で分解されるかは個人差があるため、一概には言えません。なかには仮眠後の運転や深酒をした翌日の運転で検挙された事例もあるので、心配なときは市販のアルコール検知器などを活用してチェックしても良いでしょう。

大事なのは、「飲んだ日は乗らない」「乗る前日は飲み過ぎない」こと。新年会や歓送迎会など集まりが増えるこれからの時期も対策を徹底して、安全運転に努めたいところです。

pagetop