ON THE ROAD
  • TOP
  • トリビア
  • スクールゾーンについて。標識や路面標示、違反罰則などを知っておこう!
TOYO TIRES

スクールゾーンについて。標識や路面標示、違反罰則などを知っておこう!

スクールゾーンについて。標識や路面標示、違反罰則などを知っておこう!
heart

ドライブ中、「スクールゾーン」の路面標示を見かけたことはありませんか? これはどんな場所なのか、どんな交通ルールがあるのか、意外と知らない方もいるかもしれません。今回はそんなスクールゾーンについて解説します。

スクールゾーンとは?

スクールゾーンについて。標識や路面標示、違反罰則などを知っておこう!

「スクールゾーン」とは、交通事故から子どもたちを守るために1972年から運用開始された交通安全対策の重点地域です。区域内やその周辺では、横断歩道やカーブミラーの新設、歩道の拡張、路面標示、路面シートの貼り付けなど、安全強化のための整備が継続的に行われています。

スクールゾーンは原則として小学校を中心に半径約500メートル以内の通学路が対象となりますが、地域によっては幼稚園や保育園の通園路が含まれる場合もあるので、慣れない場所を走行する際は特に注意しましょう。

スクールゾーンでの規制内容は?

スクールゾーン内での交通規制の内容は、その地域の道路事情によって異なります。中でも多いのが、平日の登下校時間帯に「歩行者専用道路」になるケース。指定されている時間帯は車両通行禁止となります。

そのほかにも速度制限や一方通行などの規制区域となっている場合もあるので、標識や路面標示をしっかり確認しておいてくださいね。

スクールゾーンの標識・路面標示

スクールゾーンについて。標識や路面標示、違反罰則などを知っておこう!

通学路やスクールゾーンで主に使われているのが、黄色地に黒で子どもが2人歩くシルエットが描かれた「学校・幼稚園・保育所などあり」の警戒標識です(「横断歩道」の標識と似ているので注意!)。この下に「通学路」「スクールゾーン」といった補助標識が設置されています。

また、「スクールゾーン」の路面標示や、路面シート(例:「通学路」「学童に注意」)、電柱巻付標示(例:「スクールゾーン」「文」「通学路」)が見られる地域もあるので、スクールゾーンの目印にしてみてください。

スクールゾーンの規制を違反した場合の罰則について

さらにスクールゾーンでは、区域内での交通ルールを示す規制標識が設置されている場合があります。これを守らなかった場合は交通違反となり、その内容に応じて、交通反則通告制度に基づいた反則金や違反点数が課せられます。

例えば車両通行禁止の場所を通行すると「通行禁止違反」で、反則金7,000円(普通車)、違反点数2点となります。
基本的に夏休みなどの長期休暇中であっても規制内容が変わるわけではないので、十分に注意したいところです。

「歩行者専用道路」のスクールゾーンの通行には「通行禁止道路通行許可証」が必要

スクールゾーンについて。標識や路面標示、違反罰則などを知っておこう!

「歩行者専用道路」となっているスクールゾーンを通行するには、その道路を管轄する警察署長に通行許可を申請する必要があります。例えば、範囲内に車庫がある場合や、歩行困難な人が車両を利用する場合、冠婚葬祭・引っ越しなどの社会生活上やむを得ない事情がある場合などが対象です。

なお、通行禁止道路許可証を持っていても、歩行者専用道路内を通行する際は歩行者に注意して徐行しましょう。

もしスクールゾーンを見つけたら、その周辺は子どもの通行が多いということ。背丈が小さく、時に予想外の行動をする子どもたちの近くでは、より慎重な運転が求められます。この機会にお近くのスクールゾーンを今一度確認してみてくださいね。

pagetop