ON THE ROAD
TOYO TIRES

タイヤの製造年月・製造年週の見方を知ろう!

タイヤの製造年月・製造年週の見方を知ろう!
heart

タイヤのサイドウォールには、タイヤのメーカー(ブランド)名をはじめ、スリップサインの位置など、タイヤにまつわるさまざまな情報が刻印されています。以前ON THE ROADでは、タイヤサイズ表記の読み取り方をご紹介しましたが、今回はタイヤの製造時期を週単位でを見分ける方法について解説します。

タイヤの製造年週などがわかる「セリアル記号」

タイヤの製造年月・製造年週の見方を知ろう!

タイヤの側面には、アルファベットと数字からなる「セリアル記号」が刻印されています。この中の「4桁の数字」部分から、そのタイヤが製造された時期がわかるようになっています。

なお、メーカーにより記載方法は異なりますが、トーヨータイヤの場合は数字の前のアルファベットが工場などを識別するコードとなっています。

セリアル記号の読み方

タイヤの製造時期を知るには、セリアル記号の下4桁の数字にご注目。例えば「1208」なら、前半の12は製造週(「12」週目)、後半の08は製造年(20「08」年)を示し、つまり2008年の12週目(3月17日~23日)に製造されたことを意味します。
(※1999年以前の製造番号の場合は下3桁。例えば「159」なら、1999年の15週目(「15」週目・199「9」年)を意味する)

トーヨータイヤの場合、「ABCD EFG○○○○(数字)」といったセリアル記号ならABが工場コード、CDがサイズコード、EFGが設計コード、そして下4桁の数字が製造年週を示しています。

5年以上使用したら点検、製造後10年経過したら交換を!

タイヤの製造年月・製造年週の見方を知ろう!

タイヤを点検するうえで、摩耗状態の確認(プラットフォームが露出したら冬タイヤとしての使用NG、スリップサインが出たらノーマルタイヤとしても使用NG)は基本中の基本ですが、タイヤの経年劣化にも注意が必要です。

JATMA(日本自動車タイヤ協会)は、使用開始後5年以上経過したらすみやかに点検、製造後 10 年経過したら(スペアタイヤ含む)新品タイヤへの交換を推奨しています。

もちろんこの数字はあくまでも目安で、使用環境や保管条件などによっては5年以下でもひび割れなどの経年劣化が見られる可能性もあります。お使いのタイヤのセリアル記号をチェックして、適切なメンテナンスをしてくださいね。

ちなみに中古車を買うときにも、セリアル記号は役立ちます。例えば1本だけ新しいタイヤだった場合、パンクや事故など何らかのトラブルも予想できるので、大きな判断材料となるかもしれませんよ。

pagetop