ON THE ROAD
TOYO TIRES

澄み渡る空気の下で、冬の花火をドライブで見に行こう!(2019年11月開催)

澄み渡る空気の下で、冬の花火をドライブで見に行こう!(2019年11月開催)
heart

夏の行事というイメージが強い「花火大会」ですが、中には冬に開催されるものもあります。今回は、冬のドライブにおすすめの花火大会を3つピックアップしてご紹介します。

第144回 長野えびす講煙火大会

澄み渡る空気の下で、冬の花火をドライブで見に行こう!(その1)

・開催日時:2019年11月23日 18:00~
・会場:長野大橋西側・犀川第2緑地(長野県長野市)

音楽と花火がコラボレーションした「ミュージックスターマイン」や「八号玉100連発特大ワイドスターマイン」など、毎年10,000発以上の花火が夜空を彩る「長野えびす講煙火大会」。

「煙火(えんか)」とは花火のことで、商売繁盛・五穀豊穣・開運招福を願う御祭礼「えびす講」の景気づけをするため1899年に花火を打ち上げたのが大会のはじまりなのだとか。1916年には日本で初めて二尺玉を打ち上げるなど、歴史ある花火大会として知られています。

全国屈指の花火師が毎年新作花火を披露する、「全国十号玉新作花火コンテスト」も必見です。

みやざきシーサイド芸術花火 特別企画「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」

澄み渡る空気の下で、冬の花火をドライブで見に行こう!(その1)

・開催日時:2019年11月30日 18:00~
・会場:サンマリーナ宮崎多目的広場(宮崎県宮崎市新別府町前浜1400-16)ロックバンド・QUEEN(クイーン)のヒット曲にのせて、13,000発の花火が打ち上がる「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」。11月3日に大阪(舞洲スポーツアイランド太陽の広場)、16日に千葉(浦安市総合公園)、そして30日に宮崎(みやざき臨海公園多目的芝広場)と、全国3会場にて世界で初めて開催されます。

内閣総理大臣賞受賞花火師たちによる芸術玉を中心に、音楽のリズムや曲調にシンクロするよう綿密に構成された芸術花火は、QUEENファンはもちろん、そうでない人も楽しめること間違いなしですよ。

第44回 焼津海上花火大会

澄み渡る空気の下で、冬の花火をドライブで見に行こう!(その1)

・開催日時:2019年11月3日 18:30~ ※8月14日から延期
・会場:焼津港新港(静岡県焼津市城之腰地内)

「海上スターマイン」や「特大二尺玉3連発」など、約5,000発の花火が焼津港新港の海上を彩る「焼津(やいづ)海上花火大会」。もともと8月14日に開催される予定でしたが、台風のため11月3日に延期となりました。

今回は令和初の開催を記念して例年以上に華やかな花火大会になるとのことで、今年初の試みとして、結婚・誕生などのお祝いコメントを貼り付けた「慶祝花火」も打ち上げられます。会場で観覧するのも良いですが、高草山中腹にある「笛吹段公園」から花火と夜景のコラボレーションを楽しむのもおすすめですよ。

気になる花火大会は見つかりましたか? 当日の会場周辺は混雑が予想されるので、余裕あるスケジュールでドライブ計画を立ててみてくださいね。

pagetop