ON THE ROAD
TOYO TIRES

梅雨こそ行きたい!雨の日でも楽しめるインドアスポット

梅雨こそ行きたい!雨の日でも楽しめるインドアスポット
heart

日中は半袖でも過ごせるような気持ち良い日が増えてきました。しかし、夏本番の前に待ち受けているのがジメジメとした梅雨。クルマは汚れるし、外遊びはできないし……とマイナスイメージばかりが目立ちますが、せっかくの休日に引きこもってばかりでは少しもったいないですよね。雨でもアクティブにお出掛けしたくなるような、4つのおすすめスポットをご紹介します!

首都圏外郭放水路(埼玉)

  • 所在地:埼玉県春日部市上金崎720
  • アクセス:首都圏中央連絡自動車道・幸手ICより約20分
  • 営業時間:毎週火~金曜日 1日3回(見学時間:1時間)
  • 電話番号:048-746-7524

首都・東京を洪水から守るため、地下約50メートルの深さに建設された世界最大級の地下用水路。たくさんの巨大な柱が立ち並ぶ様子から「地下神殿」とも呼ばれ、見学会は平日開催にもかかわらず大人気です。雨による増水時は川の水が内部に流れ込むため中止となりますが、かわりに中央操作室からその様子を見学できます。モニターがズラリと並ぶ非日常的な空間に、大人も思わず心をくすぐられそうです! ただ、年間の稼働は7回程度とのことなのでお目にかかれるのはかなりのレアケース。ある意味“梅雨ならでは”といえそうですね。見学にはWebまたは電話での事前申し込みが必要です。

金沢21世紀美術館(石川)

  • 所在地:石川県金沢市広坂1-2-1
  • アクセス:北陸自動車道・金沢西IC、金沢東ICより約20分
  • 営業時間:10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
  • 休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)/ 年末年始
  • 電話番号:076-220-2800

体感型の作品が多く、肩肘張らずに現代アートを楽しめる「金沢21世紀美術館」。一番の目玉である『スイミング・プール』は、天井の透明ガラスにわずかな水が張られた地下空間に入ることによってプールの中にいる感覚を体験できる作品です。晴天時は上からも下からも楽しめますが、雨天時には地上部分が閉鎖されるためいつもとは違った魅力が味わえますよ。館内にはカフェレストランや、美術系の書籍を閲覧できるアートライブラリーも併設されているので、1日中まったりくつろげます。
※『スイミング・プール』は展示替えのため5月20日(金)まで閉場。

初めてでも楽しめる屋内ボルダリング(千葉)

  • 所在地:千葉県市川市妙典3-4-6(※妙典店、他千葉県に4店舗あります)
  • アクセス:京葉道路・市川ICより約5分
  • 営業時間:11:00〜22:30(土日・祝日は21:00まで)
  • 電話番号:047-312-6015

雨でも思いっきり身体を動かしたい! そんな人におすすめなのが“ボルダリング”。ロープを使わずに自分の身体だけを使って人工壁を登るスポーツです。千葉県内に5つの店舗を構えるボルダリングカフェ「グリーンアロー」は、初心者や家族連れでもOK。必要なものはレンタル可能なので、手ぶらで遊びにいけるのがうれしいですね。また、「運動神経が良くないと難しそう……」という人もご安心を。ボルダリングではバランスや決断力も重要なので、スポーツの苦手な人も練習次第で意外とスイスイ登れてしまったりするようです。

那須とりっくあーとぴあ(栃木)

  • 所在地:栃木県那須郡 那須町高久甲5760
  • アクセス: 東北自動車道・那須ICより約8分
  • 営業時間:9:30~18:00(夏期・冬期は変更あり)
  • 休館日:年中無休
  • 電話番号:0287-62-8388

錯覚を駆使したアートを観るだけでなく“体験”できる「那須とりっくあーとぴあ」。3つの美術館からなる、日本最大のトリックアートテーマパークです。作品のモチーフは、遊園地や動物、水族館、魔法、イタリア・ルネサンスの名作など幅広いラインアップ。もちろん館内は写真撮影可能なので、撮った写真をあとから見返したり、SNSにアップして友人を驚かせたり、その場だけでなく家に帰ってからも楽しめそうです。また、併設された工房では貴重なトリックアートの制作現場も見学できますよ!

クルマでの移動なら、目的地までぬれることなく楽チンにアクセスできるのも良いところ。外は雨でも気分は晴れやかに、梅雨ならではのすてきなドライブを楽しんでみてください。

pagetop