ON THE ROAD
TOYO TIRES

梅雨どきのドライブを快適に!愛車のワイパー点検ポイント

heart

雨や雪の日の視界確保に欠かせない「ワイパー」は、バッテリーやタイヤなどと同じく消耗品。使っているうちに徐々に劣化し、状態によっては交換が必要になります。梅雨空でのドライブの前に一度愛車のワイパーを点検してみませんか? 点検時にチェックしたい3つのポイントを紹介します。

フロントガラスをチェック

ワイパーが劣化すると、気になってくるのがガラスの拭き残し。汚れたガラスは見栄えが悪いだけでなく、「自動ブレーキ」「追従走行」などの機能を搭載した車はガラス越しにセンサーカメラが設置されていることがあるため、正確に作動しなくなる原因にもなります。

ワイパーを作動させたとき、ガラスにスジ状の線が残ったり、水がにじんだり、拭き残しが見られた場合は、ワイパーの状態を確認してみましょう。ワイパーとガラスが擦れて異音(ビビリ音)が発生する場合も要注意です。

ワイパーをチェック

本体のブレード部分と、ガラス面に触れるゴム部分からなるワイパー。特にゴム部分は、紫外線や風雨にさらされて傷みやすいパーツで、寿命は約1年といわれています。ワイパーを軽く持ち上げて、ゴム部分に裂けやひび割れ、硬化などが見られた場合は速やかに交換しましょう。また、ブレード本体にガタつき、変形などが起こった場合は、こちらも交換する必要があります。ワイパーの形状はメーカーや車種によって異なるので、愛車にぴったり適合するものがわからない場合はディーラーやカーショップに問い合わせてみてください。

ウォッシャー液をチェック

ガラスの汚れが気になるとき、ワイパーとセットで役立ってくれるのが「ウォッシャー液」。この機会に、ウォッシャー液が正常に噴射するかどうかもあわせて点検しておきましょう。ウォッシャー液の噴射が弱かったり、出てこなかったりする場合はノズルの詰まりが考えられます。フロントワイパーよりも使う機会が少ないリアワイパーの方も、もし取り付けられている場合はチェックをお忘れなく。

ワイパーの劣化を放っておくと、思わぬ事故の原因になるだけでなく、車検で不合格となってしまうこともあります。夏から秋にかけてはゲリラ豪雨も多く、ワイパーを使う場面が何かと多くなる時期。ぜひしっかりと点検して、クリアな視界で安全運転を楽しんでくださいね。

pagetop