ON THE ROAD
TOYO TIRES

ドレスアップの必需品!ホイールインチアップの「メリット」「デメリット」

ドレスアップの必需品!ホイールインチアップの「メリット」「デメリット」
heart

おしゃれはやっぱり足元から。ホイールのインチアップは愛車のドレスアップ手段としてポピュラーです。自分の車のデザイン、カラーに合わせてあまたの社外・メーカーオプションホイールからベストマッチなものを選んで交換するだけで、スタイリッシュさが大幅アップ!

しかし車の重要パーツであるホイールを交換するということは、車の運転しやすさにも影響がでてきます。

すでにホイールを大径のものに交換した人も、これから変えたいという人も、インチアップのメリットデメリットを勉強して万が一のトラブルを防ぎましょう。

インチアップの基本

カーショーなどに出展するような特別なカスタムカーをのぞき、通常のインチアップはホイールが大きくなったぶん、扁平率の低い(サイドウォールが薄い)タイヤを使うことで、外径がノーマルと同じになります。

インチアップのメリット

扁平率の低いタイヤを使うことになるため、タイヤの接地幅が広くなります。つまり、ノーマルの時よりもタイヤのグリップ力を期待できるようになります。スポーツ走行をするとその差は歴然。ハンドルやシートから伝わってくる接地感(ロードインフォメーション)が鋭敏なものとなり、運転が楽しくなりますよ。なお街中を追い越しなどせず車の流れにそって走るぶんには、ノーマルのタイヤでも十分なグリップ力を発揮します。このことはお忘れないように。

大径ホイールを使うことでよりグリップ力を高められる幅広タイヤも選べるようになり、大型のブレーキシステムを導入できるというメリットもでてきます。インチアップすることで走行性能を高められる。このことからサーキット走行を考えているドライバーは、重要なチューニング術としてインチアップを捉えています。

また黒いタイヤの部分が薄く見えるので、車高は変わらなくてもシャープな印象になりますよ。この点からホイールのインチアップは、ドレスアップ手段として多くのドライバーから支持されています。

インチアップのデメリット

スタイリッシュな大径ホイールと扁平タイヤは高価ゆえに、コストがかかります。またタイヤの断面高さが低くなることでサイド部のたわみが少なくなり、乗り心地が悪く感じるようになります。特に凸凹の多い道を走ると、道路からの突き上げ感がキツく感じることも。

あと外したホイール&タイヤの保管方法も考えなくてはいけませんね。

インチアップで失敗しないためのポイント

強引にタイヤの外径を変更することも可能ですが、スピードメーターが示す値に狂いがでてくるので危険です。絶対にやらないようにしましょう。また荷重指数(ロードインデックス)を下げてはいけません。タイヤはそれぞれ受け持てる重さが決まっていますが、ノーマルタイヤのロードインデックスより低いスペックのタイヤを使うと、タイヤが車重を支えきれなくなってしまうのです。

走行性能を高めるためではなく、街乗りのための車で、ファッショナブルさを重視しているのであれば、乗り心地のいいタイヤを選択しましょう。具体的にはホイールを購入するショップで相談してくださいね。

pagetop